FC2ブログ

光の十二日間日記

ゲリー・ボーネルが言う「光の十二日間」。地球が大きな転換点を迎えてる……いやはや、ホンマですね〜☆

2019-09

悲観論て染まりやすいのね

楽観的がいいことと思い始めている。
同時に、楽観的なことを言ったら攻撃されるかも……との不安も。

そしたら「家族の深淵」(中井久夫著、みすず書房)にこんな文章が(「分裂病の陥穽」p.134より)。

ここで、プロセス・モデルが陥りやすい悲観論が、自己実現性予言の性質を持っていることを指摘する必要があるだろう。自己実現性予言の持つ陥穽とは、ある事態を予言することによってその事態の実現性を高めているのに、そのことに気づかないで、かえって予言の正しさが裏づけられたと思うことである。

特に疾患の場合には悲観論をとるほうが治療者の地位は揺るがず、周囲も納得しやすい。

そういえば、占い師さんが言ってたっけ。
悪い未来を予言した方が信頼される。

悪いことが起きたら、言われた人は「ほら、当たった!」と思う。
起きなかったら、「予言してもらって、気をつけたからだ!」と感謝する。

うっかり「大丈夫」なんて言って、ダメだったら恨まれちゃう……。

♪♪♪♪♪♪

当人さえも、しばしば、己の病いを軽くみなされることを脅威と感じる。たとえば、十分の介護が得られず、社会的義務免除が正当化されないことはときには病者にとって脅威である。

なるほど。

そういう社会的脅威がない場合でも、深刻に受け取ってもらった方が安心するようなことはあるなぁ。

♪♪♪♪♪♪

したがって、悲観論は一般に容易に反駁されない構造を持っている。すなわち、これ自体が一つの陥穽である。

これに対して楽観論というものは、非常に反駁されやすいものである。


おお、やっぱり!?

9.11のとき、ブッシュが「テロと戦おう!」と言った。

「いや、そんなの大丈夫だよ……」なんて言ったら、殺される……みたいな緊迫感があった。

怖かった。

♪♪♪♪♪♪

研究者あるいは治療者としては、楽観論を唱えて傷つき嘲笑されるのは耐えがたいことである。

なんかわかるなぁ。

♪♪♪♪♪♪

しかし、治療者の威信が傷つく反面、悲観論のような悪循環に陥る心配はない。
楽観論に自己実現性予言の性格があれば、これは良性の自己実現性であり、もっけのさいわいである。


父のがん手術のときも感じた。

医師はリスクも言わなければならないけど、それで患者が不安になったら、悪い予後の可能性が高まるんだろうな、っと。

安心して治療を受けていた方が、のちのちの状態もいいだろう。

♪♪♪♪♪♪

すべての楽観論がそうではないが――たとえば相手を甘くみて手遅れになる場合とか――。悲観論が強固な場合は、無理にでも楽観論の立論可能性を探ってみるのがよいと思う。

無理にでもというのは、一般に悲観論のほうが、一つの必然として精密に理論化しやすいということがあるからである。


なるほど。

悲観論のほうが説得性をもちやすいから、悲観的、心配性がわたしの中にも社会にもはびこってしまってるんだな。

楽観的にいこうというのは、チャレンジだ。
だけど、やっぱり惹かれる。

惹かれるから、訓練中なわけだす。





前世療法&インナーチャイルドヒーリング
ミテクルのホームページへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mytecle.blog111.fc2.com/tb.php/292-8e0d960d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

プロフィール

ミテクル 菅波美穂

Author:ミテクル 菅波美穂
神奈川県でアクセス(バーズ®、ボディフェイスリフト、ボディBMM)、開運未来流手相リーディング、リセット®、あったか手当ヒーリング、シータ・ヒーリング®、前世療法&インナーチャイルドヒーリングやってます☆

昔は苦しみの原因をキビシク見極めて癒していくのがイイと思っていたのですが、いまはできるだけ楽チンに楽しく気持ちが軽くなってくのがいいと思うようになりました。(^o^ゞ

大磯は海も山もあって自然がいっぱいのロケーション♪♪♪♪♪♪

無農薬無化肥で野菜つくってるおにいちゃんとか、からだによさげな食材を売ってるお店とか、からだが喜ぶおいし〜ものを出すCafeとかがあるのです♪♪♪♪♪♪

自宅サロン(女性専用)は駅から徒歩圏。来る途中、海が見える森の中です💖

世にも珍しいブルー・ビー(青い蜂)がときどきいますから、見られたらラッキー✨️

来るだけで癒されますヨン〜♪( ´▽`)

あなたのいいとこが見つかる楽しいhappy手相リーディング、きもちい〜アクセスやリセットでイラナイモノ(毒!?)を断捨離しちゃいましょうネ。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。