FC2ブログ

光の十二日間日記

ゲリー・ボーネルが言う「光の十二日間」。地球が大きな転換点を迎えてる……いやはや、ホンマですね〜☆

2019-09

ボローニャ紀行

わが子を「天才」にしたい、ってひとは多いだろう。

アインシュタインら天才のそばには、「なんで?」「どうして?」に答えてくれる大人がいたんだって。
答えをくれたり、考えるヒントをくれたり。

「いまにわかる」「うるさい」「また今度ね」「いい加減にして!」……って言われ続けてると、「なんで?」「どうして?」が引っ込んじゃう。

そのうち、「なんで?」と考えるのもやめちゃう。
なんだか人のいいなりになったり、鵜呑みしたり。

……でも逆に言うと、誰でもみんな天才。
だけど、才能を抑え込まれているだけ。

もともと素質はあるんだから、誰でも天才に戻ることができるのでは!?

妄想??

♪♪♪♪♪♪

井上ひさしさんの「ボローニャ紀行」(文藝春秋)ってのを読んでいる。
いろいろとびっくり。

何十回、何百回も果てしのない話し合いを重ねて……(略)……最後に市民は「四つの誓い」という基本方針を立てました。

一 復興のためには女性の力が必要である。
  そこで女性が安心して働くことができるような
  環境をつくるために、
  まず公共保育所を建てることにしよう。
  それが街づくりの第一歩である。

二 街の中心部の歴史的建造物と郊外の緑は、市の宝物である。
  この二つはあくまで保存し、維持しよう。

三 「投機」を目的とした土地建物の売買は、
  おたがいに禁じ合おう。

四 市内の職人企業の工場については、業績がよくなっても
  増築しないようにしよう。
  どうしても増築したいときは、街の景観を守るために、
  熟練した職人による分社化を行おう。(p.139)

すご~い。

いまの社会は変化していくだろう。
そのモデルみたいな街がもうあるんだ。

♪♪♪♪♪♪

陽気な大声で冗談ばかり言い、現世の欲をすべて断ち切ったはずなのにいつもフラノ地のかっこいいスーツでぴしっと決めて、食事には非常識なくらい時間をかけ、昼休みにはたっぷり寝てすごし、お金にうるさいくせにお金を取るのは忘れる、どこか間の抜けた陽気な、それでいてかっこうのいい人たち……これがイタリア人が好きになった始まりでした。(p.180)

イタリア人って、そうなの?
おもしろいな~。

こういう人物を楽しいなぁ、と思えるようになったら、人生も楽しいなぁって思えるようになるんだろうな。

「なんなの、こいつら!」ってイライラするより、面白がれたらいいだろうな~~。

楽しい人生☆

いいじゃないか。
目標。

♪♪♪♪♪♪

「……ボローニャには貯蓄銀行のほかに投資銀行もある。つまり二つの地元銀行が競ってボローニャの社会的協同組合を支援しているんです」

「競って支援、ですか」

 とっさに日本の銀行を思い浮かべていました。
預けるときはえびす顔だが、解約するときはエンマ顔で、しかも信じられないくらいたくさんの書類を書かせる日本の銀行。
経営不振に陥るとすぐ税金を投下しろと政治家や官僚に圧力をかける日本の銀行。
女子行員にもっともらしい制服を着せて慇懃に振舞わせながら、かげでは悪辣な高利貸たちに資金を提供している日本の銀行。
わけのわからない外来語を並べて客をつって日本語をめちゃくちゃにしている日本の銀行。
一千万円の定期預金に八千円の利息しか付けない日本の銀行。
一千万円の資金で千四百七十三万円もの利益をあげながら姑息に居直る日銀総裁を頭にいただく日本の銀行……!

「わたしたち日本人にはとても信じられませんが」

「考えてごらんなさい。どんな銀行も預金する人たちがいなければ成り立つわけがない。あらゆる銀行が大勢の顧客たちから預かったお金で商売をしているのです」

「それはそうですが、しかし……」

「それなら利益を顧客たちへ、もっと厳密に言えば公共へ、還元するのは当たり前ではありませんか。イタリアの銀行法でも、最終利益の四十九パーセント以上を、地域の文化やスポーツに還元するように定めています。つまり純益の半分は銀行が取っていいが、あとの半分は公共へ戻しなさいということになっているんですよ」

 中央銀行の「ゼロ金利政策」によって、国民がこうむった損失が三百兆円を超すといわれる国からきたわたしは、もはや口を利く気力もありませんでした。(p.196)

ボローニャって、(イタリアって?)すごいな~。
でも……日本の銀行って、そんなことしてるなんて……!!
ショック!

♪♪♪♪♪♪

「企業が終身雇用契約を避けて、短期雇用に切り換えはじめた。
 企業は人件費の切り詰めをはかっている」

「そのへんは日本の事情と同じです」

「だれもがきちんと人生の計画を立てて、その計画にしたがって
 安心して働くことができなければならない。
 そのためには正規雇用が一番ですが、
 それができなくなったんです」

「ますます日本と似ています」

「若くて有能なのに、貧乏な人たちがぐんぐんふえています。
 若い人たちの五人に四人までが、
 経済的に自立できずに親元にいる。
 この世代が年をとっていき、
 親たちがいなくなったらどうなりますか」

「貧困の固定化。
 つまり格差社会が形成されることになります」

「それがイタリアの問題なんですよ」

「日本の問題でもあります」

「経済的に非力だから結婚できない。
 つまり晩婚化が進み、したがって少子化社会になりますね」

「ますます日本と似ています」

……いまの世界では、どの国も似たような問題を抱えているらしい。(p.220)


日本とアメリカ……だけじゃなくて、イタリアも?

ブッシュ、小泉、ベルルスコーニが同時代に出てきて、おんなじようなことをしてしまうなんて、不思議。

なんだか繋がってるのね。
おもしろい。

♪♪♪♪♪♪

この本のおかげか、明け方うとうとタイムに「新しい社会」の希望がみえた。
でも、起きたら内容は忘れちゃった!






前世療法&インナーチャイルドヒーリング
ミテクルのホームページへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mytecle.blog111.fc2.com/tb.php/274-5f2d0b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

プロフィール

ミテクル 菅波美穂

Author:ミテクル 菅波美穂
神奈川県でアクセス(バーズ®、ボディフェイスリフト、ボディBMM)、開運未来流手相リーディング、リセット®、あったか手当ヒーリング、シータ・ヒーリング®、前世療法&インナーチャイルドヒーリングやってます☆

昔は苦しみの原因をキビシク見極めて癒していくのがイイと思っていたのですが、いまはできるだけ楽チンに楽しく気持ちが軽くなってくのがいいと思うようになりました。(^o^ゞ

大磯は海も山もあって自然がいっぱいのロケーション♪♪♪♪♪♪

無農薬無化肥で野菜つくってるおにいちゃんとか、からだによさげな食材を売ってるお店とか、からだが喜ぶおいし〜ものを出すCafeとかがあるのです♪♪♪♪♪♪

自宅サロン(女性専用)は駅から徒歩圏。来る途中、海が見える森の中です💖

世にも珍しいブルー・ビー(青い蜂)がときどきいますから、見られたらラッキー✨️

来るだけで癒されますヨン〜♪( ´▽`)

あなたのいいとこが見つかる楽しいhappy手相リーディング、きもちい〜アクセスやリセットでイラナイモノ(毒!?)を断捨離しちゃいましょうネ。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。