光の十二日間日記

ゲリー・ボーネルが言う「光の十二日間」。地球が大きな転換点を迎えてる……いやはや、ホンマですね〜☆

2008-04

「優しい」か「優しくする」か

うちのアパート(?)の敷地内に落ち葉が溜まったり、泥がたまったり。
ダンナと歩きながら、「ここをきれいに掃除するのが夢なの」。

「じゃあ、やれば?」
「!! ……!?」

それもそうだ。
違いない。

なんかね~、「わたしにここを掃除する資格があるのか?」なんて思っちゃうんだよね~。家の棟じゃなくて、ひとんちの領分に近かったりすると余計……。

続きを読む »

スポンサーサイト

しんか

「じいさん・ばあさんの愛しかた」とはまったく違う分野の本で、同じような主張を見つけて面白くなっちゃった。

数値になるものだけを「科学的」と評価するのでは、行き詰まってしまうのではないだろうか。いままで言われてきた「科学的」を疑う新しい考え方が必要なのではないか、と。

続きを読む »

優しく柔らかい

庭の花は咲く。
けっこうあれこれ咲く。

野菜も作ろうと苗を買ってくる。
ちょっと実ることもある。ほったらかしだから、実らないこともある。

だけど、実ったものを食べない。
なぜか、ほっておいてしまう。

謎だ。

続きを読む »

自分を信じる

「関係障害論」(三好春樹著、「シリーズ生活リハビリ講座」1、雲母書房)を読み終えた。

誰か(学識経験者とか?)が決めた基準に盲従するんじゃなくて、老人の笑顔や目の輝きを基準にして、役立つこと役立たないことを見極めてるところがすごいな~。

上が決めて現場におろすと、現実離れしていたり、余分なお金がかかったり、困る人が大量に出たりするんだろう。

現場で工夫してると、必要なことができて、結果的に効率がよいのかも。見かけは効率的ではないかもしれないが、実質的に?

続きを読む »

無愛想もかわいいじゃん

電車、「喫煙者車両」と「非喫煙者車両」を分けてくれないかな~と思うことがある。近くにスモーカーさんがくると臭くてたまらないことが……。

♪♪♪♪♪♪

「いい人」をやめようと努力中。
するとひとのことが、ずいぶんとハッキリ見えてきた。

あ、ショック受けてるな、とか。
怒ってるな、とか。計算してるな、とか。なんとか。

「いい人」するには、自分の中のいろんなもんが見えないようにしてなくちゃいけなかったから。自分の中に見えないものは、ひとのなかにも見えなかったんだな。

続きを読む »

大事なこと

「焼かれる前に語れ」(岩瀬博太郎 著、柳原三佳 編集)という本を読んでビックリ。

日本では解剖しないで、死因を推定する場合が多い。
なぜかというと、解剖して死因を特定するシステムが充実してないんだって。解剖医が少ない。解剖してくれる医者への報酬が実費以下だったり、設備がなかったり……。

でも、ほんとうは解剖しないと事故死か事件か病死かハッキリしないことが多いそうな。事件なのに、自殺で片付けられてることも多いなんて、悔しい気がする。

続きを読む »

いいじゃん

寝違えをしても、肩は動くんだな~。
首は動かない。

なるほど。

ものを飲み込んでも、痛みがなくなってきた。
なんて楽なんだろう~。

寝返りもちょっと楽になった。
からだが動くというのは、なんてありがたいんだろう~。

続きを読む »

不安がもたらすもの

寝違えた~。……のかな。

首が回らない。顔を上向けることができない。
前方3メートルくらいしか見えないので、ひとりで外を歩くのは大変危険……。
左右も見られないし~~。

飲み込むと、喉(首?)が痛い。

頭も腰も痛い。目もつかれる。
横になるのも一苦労。寝返りも一仕事。
なかなか不便。

家の中をうろうろするしかできない。

続きを読む »

ひとは大切

2008/04/11の毎日新聞夕刊。

免疫学者・多田富雄さんのインタビュー記事が載っていた。
「後期高齢者医療制度は姥捨てです」。

やっぱりそうなのか。

「小泉政権は、社会保障関係費を毎年度2200億円分も圧縮してきた。06年には、11年度までに社会保障分野で1兆7000億円を削減すると決めた」。
(米軍への思いやり予算は年間2000億円!)

政府の存在理由の一番大事なものは国民の福祉だと思うが……。
どうやら大間違い。

続きを読む »

とりあえずやってみよう! ならなぁ。

大学の友だちでつくっているMLに「前世療法をやってます」と書いた。
するとメンバーに精神科医がいて、「そういうのにかかって、悪化した患者が来るから非常に迷惑だ」と。

当時はショックだったな~~。
数年前のことだ。

なんだよ、精神科医だってとんでもないヤツがいるじゃないか!
と腹が立った。

わたしがかかったお医者さまは、紹介状を読んで、わたしの顔を一瞥して、薬を出しただけ。わたしは一言も発声してない。なんの診察も説明もなかった。

続きを読む »

ゆるゆる、とろんとろん

そうだよね、わたしって、すご~くたくさんのフィルターをもってる。

だれかがなにかをしたとき、好きな人にはいい解釈をするし、おんなじことをしても嫌いな人には悪い解釈をしちゃう。

なかなか「ありのまま」は見えないんだな~。
……ということに気づいたのは、すごいな~。

♪♪♪♪♪♪

だれかを批判非難するときって、優越感を感じてるんだな。
「わたしは批判対象よりマシよ!」と。

続きを読む »

モノカルチャーは弱っちそう

藤沢市はけっこうゴミの分別が細かい。
いいことだよね、とせっせと分別し、ダンナにも説明する。「紙ゴミはここね。でも窓付き封筒はこっち」。

するとちゃんと従ってくれる。
すごいな~と感動する。そして気がつく。

説明を理解して、その通りにしてくれてることにびっくり。

「びっくり」?

なんでわたしはビックリするんだろう、とビックリ。

続きを読む »

愛しいいのちよ

教授のご退官で、久しぶりの顔に会う。いろんな友だちの消息も出てくる。あるひとは幼子をなくしている。あるひとはダンナさんに先立たれている。研究室の後輩にもすでに亡くなった方がある。

人生にはいろいろなことが……。

「起こることはすべて完璧」。
という知識はあっても、なかなかそうは思えない。

あ、でも、そうか。
20代でご主人を亡くした友だちが最近言っていた。
いまやっと、「これでよかったんだ」と思えるようになった、って。

続きを読む »

こころの中に回答が

サリン事件で障害を負った人をテレビで見た。
家族が面倒を見ていて、「わたしたちになにかあったら……」と将来を心配していた。

肝炎、水俣病、アスベスト被害、各種癌、原爆症、薬害、劣化ウラン弾の被害、戦争や事件のPTSD、過労死、自死……、どうして個人の負担になるんだろう?

どうして「この病気は原爆によるものです」と原因が特定できると思うんだろう?
どうして、認定できないと経済的な援助も支援も謝罪も受けられないんだろう?

困ってる人をみんなで支える。
そのほうがいい。

続きを読む »

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

ミテクル

Author:ミテクル
神奈川県でアクセス・バーズ®、リセット®、あったか手当ヒーリング、シータ・ヒーリング®、前世療法&インナーチャイルドヒーリングやってます☆

昔は苦しみの原因をキビシク見極めて癒していくのがイイと思っていたのですが、いまはできるだけ楽チンに楽しく気持ちが軽くなってくのがいいと思うようになりました。(^o^ゞ

ここは海とか山とか自然がいっぱいのロケーション♪♪♪♪♪♪

この町には無農薬無化肥で野菜つくってるおにいちゃんとか、からだによさげな食材を売ってるお店とか、からだが喜ぶおいし〜ものを出すCafeとかがあるのです♪♪♪♪♪♪

来るだけで癒されちゃう!? ……かも♪( ´▽`)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。